奈良県橿原市相貌防災事業において作成された洪水ハザードマップ。市のシンボル、市民のランドマークである大和三山を印影起伏図を用い高低差を表現、過去の水害被害地域や現在の被害想定を表した。
国土交通省河川局洪水ハザードマップ作成の手引き参考事例。

Category
  • Product > graphic
  • Design consulting > comunity
  • Study works > 防災