丹後海陸交通株式会社による、京都府北部エリアの宮津から天橋立を就航する観光・定期航路船「KAMOME7号」のデザイン。
丹後に伝わる羽衣伝説にちなみ、羽衣が舞う優美な姿を船体の上部アーチから側面へつながる曲線で表現し、白と金色を基調にしたシンプルなグラフィックと併せて、天橋立や宮津湾に映える上品で美しい姿を表現しています。
インテリアは、木調と素材感を生かした同系の茶色と白に構成色を絞り、落ち着いた雰囲気でゆっくりとお過ごし頂ける空間を実現しています。

Category
  • Product > consumer product
  • Product > graphic
  • Graphic > VI
  • Space > public space
  • Design consulting > branding